活動方針

当国民会議は、5年~10年後の日本における核医学診療(RI内用療法及び核医学診断)のあり方を考え、患者さん目線、国民目線で核医学診療の環境整備を行うためのプラットフォームです。これまで陳情など個々で行ってきたものを、ひとつの"声"にし、国会議員及び厚生労働省などの関係機関に働きかけます。

【主な対象分野】

  • PRRT(神経内分泌腫瘍の治療)
  • 放射性ヨウ素内用療法(甲状腺がん治療)
  • 塩化ラジウム(前立腺がん治療)
  • PSMA(前立腺がん治療)

【当面取り組む活動】

  1. ドラッグラグ解消に向けた患者のアンメットニーズの調査・把握
  2. 政策提言活動の実施(要望書等の提出)
  3. 国民に向けた啓発・広報活動(メディアへの発信、ホームページ・刊行物の編集作成など)
  4. コミュニティ形成のための勉強会の開催(政府、学会、患者会、企業などからスピーカーを招聘)

組織概要

会員数(2020年7月1日現在

 正会員:84名
 一般会員:215名
 賛助会員:10(団体・個人)

役員

会長(理事)  絹谷 清剛(金沢大学 医薬保健研究域 医学系 核医学 教授)
副会長(理事) 大井 賢一(認定NPO法人 がんサポートコミュニティー 事務局長)
副会長(理事) 眞島 喜幸(NPO法人 パンキャンジャパン 理事長)
会長・副会長プロフィール

理事  内山 眞幸(東京慈恵会医科大学 放射線医学講座 教授)
理事  織内 昇(福島県立医科大学 先端臨床研究センター 教授)
理事  畑澤 順(公益社団法人日本アイソトープ協会 専務理事)
理事  藤井 博史(国立がん研究センター 先端医療開発センター 機能診断開発分野長)
理事  細野 眞(近畿大学医学部 放射線医学教室・高度先端総合医療センター 教授)
理事  山下 孝 (一般社団法人日本医用アイソトープ開発機構 理事)
理事  吉村 真奈(東京医科大学 放射線医学分野  教授)
監事  久慈 一英(埼玉医科大学国際医療センター 核医学科 教授)

2020年7月現在 


沿革

設立年月日  2016年12月1日


事務局

公益社団法人 日本アイソトープ協会内
住所 〒113-8941 東京都文京区本駒込 2-28-45
TEL: 03-5395-8033, FAX: 03-5395-8056
メール: kokuminkaigi@jrias.or.jp