X線検査

X線を体に直接透過させて画像を撮影し、診断します。
X線が通りやすい肺や筋肉、脂肪などは黒く、X線が通りにくい骨などは、白い陰影で写し出されます。
主に骨や肺の病変を写す画像診断として用いられています。