CT検査

Computed Tomography(コンピュータ断層撮影)の略称です。

X線を体のまわりを回転させながら照射して行う検査です。
対象臓器の形態の変化を見て、病気があるかどうかを調べる方法です。
X線検査の立体版と例えられることが多いですが、体を断層画像にして、体内の様子を詳しく調べる検査として用いられます。