核医学検査(SPECT・PET)

体の中に放射性医薬品を投与し、臓器などに集まる様子を微量に放出される放射線を利用して、画像や数値で見る検査を指します。
多くの場合はガンマカメラという機器を用いて体の中の状態を画像にして診断しますが、他の装置で測定することもあります。
臓器の形態を画像にするCT検査とは違い、おもに臓器の働き具合(機能)を調べます。
形態だけでは判断が難しい状態にある病気を診断できる特徴があります。

→SPECT検査

脳血流シンチグラフィ、ドパミントランスポーターシンチグラフィ 、心筋シンチグラフィ 、骨シンチグラフィ 、腎動態シンチグラフィ(レノグラム)

→PET検査

FDG-PET検査