〇用語集〇

外部照射

体の外からがん細胞に向かって放射線を照射する治療法です。
放射線治療の中でも多く選択される治療法で、ほとんどすべてのがんに対して使用することができます。
外部照射による放射線治療では、高い線量が必要になりますが、できるだけ正常な細胞に影響を与えないように、必要な範囲に限定する(ピンポイント)、数回に分けて照射する、といった工夫が行われています。


  • トモセラピー
    トモセラピーはIGRT(画像誘導放射線治療)とIMRT(強度変調放射線治療)を使用した治療です。
    X(エックス)線の強さを変えながら全身の様々な部位に照射することができ、がんの形に合わせた照射や複数の部位に転移したがんをピンポイントで照射することで、正常な細胞へのダメージを抑えた短時間での治療が可能となります。
  • サイバーナイフ
    ロボットの機能を用いて様々な方向からX(エックス)線の細いビームをがんに集中して照射することで正常な細胞へのダメージを少なくします。
    呼吸によって位置が変わる肺がんなどでは、呼吸の動きに合わせて照射位置を変えることで的確に治療することができます。
  • 陽子線治療/重粒子線治療
    陽子(プロトン)をがんに照射する陽子線治療や炭素イオンをがんに照射する重粒子線治療は、エックス線やガンマ線を照射する放射線治療と区別され粒子線治療といいます。
    放射線は体の表面で線量が最大となるのに対し、粒子線は、深部にある場合でもがんの位置で線量が最大となるようにコントロールすることができるので、がん病巣を効果的に治療することができます。