内部照射

体内に放射線が出る針や粒状の物質(密封小線源)を入れて、体の中からがん細胞に放射線を照射する治療法です。
治療したいがんの周辺に密封小線源を配置することによって、放射線による治療効果を高めるとともに、周辺臓器などへの放射線の影響を少なくすることができるのが特徴です。


  • 前立腺小線源療法(ブラキセラピー)
    前立腺内に放射性物質(小線源)を埋め込み、前立腺の内部から短い距離で放射線を照射し、がんを治療する方法です。
    小線源治療に使用されるのは、長さ4.5 mm、直径0.8 mmのチタンのカプセルの中にI-125が密封された線源(シード)や長さ2.5mm、直径0.8mmの白金のカプセルの中にAu-198が密封された線源です。
    I-125の放出するエネルギーは非常に弱くほとんどが前立腺内で吸収されます。