核医学診療の環境改善と推進を 

当国民会議は、5年~10年後の日本における核医学診療(RI内用療法及び核医学診断)のあり方を考え、患者さん目線、国民目線で核医学診療の環境整備を行うためのプラットフォームです。これまで陳情など個々で行ってきたものを、ひとつの"声"にし、国会議員及び厚生労働省などの関係機関に働きかけます。

最近のトピックス

日経記事掲載

2017年05月18日

2017年5月1日の日本経済新聞朝刊の「医療健康」欄に、国内における「内用療法」の立ち遅れに関する記事が掲載されました。


サイトマップ(工事中)